宮内会計事務所

三鷹・吉祥寺・武蔵野・杉並・練馬での会社設立なら宮内会計事務所

メールでのご相談はこちら【24時間受付中】

トピックス

2ヶ所給与と社会保険

掲載日:

通知カードの発送が遅れていますが、来年1月1日のマイナンバー制度の運用開始まで、残すところわずかです。
これにより、副業などの所得も個人に紐づけられるので、会社に内緒のバイトをしていた人などからは、今後それがやりにくくなるということを心配する声も聞こえたりしていましたよね。

 

ちなみに、2ヶ所から給与をもらっているような場合、社会保険の扱いはどのようになるのかご存知でしょうか。
社会保険の加入用件は規定上、「1日または1週間の所定労働時間が一般社員の3/4以上で、1ヶ月の所定労働日数が一般社員の3/4以上あること」となっています。
目安としては、週に30時間勤務というのが一般的、になるでしょうか。
2ヶ所の勤務先の双方でこれを満たすことは、普通の勤め人ではめったなことでは無いでしょう。
なので、通常は加入用件を満たしているいずれかの会社で社会保険に加入する、ということになります。

 

しかし、仮にその人がその会社の役員である場合、特に代表取締役であったりすればなおさらに、2ヶ所共に加入用件を満たすことも考えられます。
こういう場合には、その人は両方の会社で社会保険に加入しなければなりません。
その際の標準報酬月額はそれぞれの会社から支給されている給与・報酬の額の合算額により算出され、保険料は個々の支給額の比率で案分されます。

 

なお、2ヶ所以上の会社で社会保険に加入することになった時には、「健康保険・厚生年金保険被保険者所属選択・二以上事業所勤務届」を提出し、どちらの会社で手続き等を主に行うのか決めることになります。

 

当事務所の推奨している給与計算ソフトの「PX2」及び「あんしん給与」は、残念ながら、この2ヶ所給与の社会保険料案分には自動計算が対応してくれていません。
ですので、これに該当することになった場合には、毎月の給与から控除する社会保険料を実額入力で登録する必要があります。

 

その必要があってやり方を詳しく知りたいという方は、各監査担当職員にお問い合わせください。

 

  • 経営アドバイザーコーナー
  • 職員ブログ
  • 税務FAQ

アクセスマップ

宮内会計事務所
〒181-0013
東京都三鷹市下連雀3-33-13
三鷹第二ビル 203号室

▲ページ上部