宮内会計事務所

三鷹・吉祥寺・武蔵野・杉並・練馬での会社設立なら宮内会計事務所

メールでのご相談はこちら【24時間受付中】

トピックス

BTCに関する個人的、感覚的な認識 4

掲載日:

Web担当です。
資金決済法の改正を受けて、ビットコイン(BTC)を始めとする仮想通貨の消費税上の扱いが、「支払手段」として非課税となる旨の改正が行われたということは、以前、書かせていただきました。

 

これはつまり、世の中は仮想通貨の決済手段としての特性、有効性に注目して動いていることを、意味しているのでしょうか?

 

ここで、三菱東京UFJ銀行が、独自の仮想通貨「MUFGコイン」の発行を考えている、というニュースを思い出す人もいるかもしれません。
が、あれはこれとはまた少し事情が違うようなので、単純に一括りにしてはいけないと思われます。

 

さて、そのように決済手段としての側面に脚光が当たりつつあるように見える BTC ですが、一方で、今の時点において最も熱いのは、BTC の価格が非固定で変動幅が大きいことから生じている、投機対象としての側面でしょう。

 

4月1日施行の資金決済法の改正で仮想通貨取引所が届出制になったことにより、国内での BTC 取引の安心性・信頼性が増したというのは、ほぼ間違いない事実でしょう。
また、2010年の東京オリンピックに向けて、インバウンドの旅行者を取り込んで行こうとして、BTC での代金決済ができるようになっていく会社・店舗も、今後は増えて行くだろうと推測できます。

 

即ち、日本において、BTC にはこれから大きな成長が見込まれる、期待されるということです。

 

そのような分野に資金が流入して行くというのは、経済の動きとしては、まっとうで理解できることです。
その結果として、BTC の価格は上昇傾向となって、それが更なる投機マネーの流入を呼ぶことになる。

 

しばしば広告やコラム等で、仮想通貨を使った資金運用で大きな利益をなどというような誘い文句を目にすることがありますけれども、法律的には「支払手段」ということになったとして、現実にはまだまだ「投機手段」というような色合いが濃いのが BTC 等の仮想通貨でしょう。
資金決済法の改正はその傾向を後押しした、と言ってしまうこともできるかもしれません。

 

2014年のマウントゴックス社の破綻以来、すっかり冷え込んでしまっていた日本での BTC 熱は、昨年くらいからまた再燃していますしね。

 

なお、そのマウントゴックス事件で損なわれたのは、あくまで仮想通貨取引所への信頼なのであって、実際には、BTC の信頼性そのものが損なわれたわけではありません。
それを踏まえて改めてもう一度書きますが、改正資金決済法が取引所を届出制にして規制の網をかけたことによって、マウントゴックス社と同様の問題が発生するリスクが低下したならば、資金投入を躊躇させる1つの大きな要因が取り除かれた、ということにもなりますよね。
そうやって取引市場が活性化していく中で、仮想通貨というものの持つ可能性に期待して交換レートの相場が上昇傾向にある、というのは、理解できない話では無いと思います。

 

もちろん、本質的には仮想通貨は「支払手段」なのだということを前提にするとしたら、現在の投機主体の状況は望ましいとは言えなさそうですが……

 

ただ、この動きはいつまでも続きはしない、という見方をしている人も多くいらっしゃいますし、この辺りは素人の私には何とも言えません。

 

BTC はそもそもその発行量に上限があります。
それも踏まえて考えるに、市場の健全な調整力というものを信じるならば、今は安定していない BTC の価格も、やがて適正値といえる一定の水準で落ち着くようになるはずだということになるのではないでしょうか。
それは、おそらく全世界的な意味で。

 

そうして相場がひとたび安定してしまえば BTC の投資・投機対象としての魅力は低下するでしょうし、平行して決済方法としての利用が増えれば、そこで初めて BTC は、始めて「支払手段」になったのだと言えるのではないか、というのが、私の感じていることです。

以上、BTC を始めとする仮想通貨というものについて、現時点で私が思っていること感じていること等を4回に分けて書いてきました。
なにぶん自分の中でまとまっていないところも多く、内容には、未整理で意味の分かりにくい箇所もいくつもあったかもしれません。
その反省もありつつ、この仮想通貨に関する問題は今後も興味を持って色々と調べる予定なので、何かお知らせしたいこと、説明したいことがあれば、随時、ここにも書いて行きたいと思っています。

 

 

ただ、以前にも書いたように、これ等はあくまでも金融的なこと、投機関係のことを専門としない門外漢な私が、自分の知識内で思ったり感じたりしたことを書いてみた文章ですので、その内容には誤りが含まれている可能性が否定できません。

 

気になったところは、より専門性の高いサイト等で確認をしていただけますことを、お願いいたします。

 

それを踏まえてお読みいただければ、幸いです。

 

  • 経営アドバイザーコーナー
  • 職員ブログ
  • 税務FAQ

アクセスマップ

宮内会計事務所
〒181-0013
東京都三鷹市下連雀3-33-13
三鷹第二ビル 203号室

▲ページ上部