宮内会計事務所

三鷹・吉祥寺・武蔵野・杉並・練馬での会社設立なら宮内会計事務所

メールでのご相談はこちら【24時間受付中】

トピックス

BTCに関する個人的、感覚的な認識 2

掲載日:

Web担当です。
ビットコイン(BTC)の特徴の1つに、発行・管理している事業者が
存在していないことがあるということを、先日に書きました。
補足して説明するならばそれは、特定のサーバーやサイトが運営主体となっているわけではない、ということです。

 

では、BTC で行われた取引は、一体全体どこにどうやって管理・記録されるのか。
ここで使われるのが、データベースをネット上で分散処理するシステムである、ブロックチェーンと呼ばれる技術です。
細かいことはさておき単純化して言うと、これは、遡及的な改変ができない記録を時系列順に積み重ねていくというもので、改竄が困難で安全性が高いとされています。

 

言い換えれば、ブロックチェーンとは、2者間で行われた BTC に関する全ての取引を、検証可能な形で記録する「元帳」です。
「元帳」という表現が分かりにくいかもしれないので、敢えて誤解を恐れずに言い換えるとしたならば、「小遣い帳」的なものと思ってもいいかもしれません。

 

そしてこのネット上でオープンにされている元帳こそが、つまり BTC の管理台帳であり、ここに、どのアカウントがいくらの
BTC を所有し、いつ、どこからどこに BTC が移転されたかが
、随時記録されていくというわけです。
全世界のネット端末が一斉にダウンしてそのデータが致命的に破損でもしない限りは、BTC も、そのブロックチェーンも、失われない、ということだと私は解釈していますが、その認識は大筋間違っていない、はず。

 

なお、ここでのアカウントの所有者に関しては秘密鍵によって暗号化されていますので、その「元帳」がオープンにされているからといって、個人情報の特定などはできないとされています。
逆に、オープンにされていることは、改竄などの不正行為が行いにくいことを意味しますから、むしろ BTC の安全性にとってはプラスであるとも言えます。

 

 

さて、BTC については、送金時の手数料について、格安であるとか無料であるとか言われています。

 

この辺のシステムは、きちんと説明しようとすると長くなりますし、ちょっとややこしい話にもなってしまうので、ここでは割愛させていただくことにします。
BTC を使った送金の手数料をいくらに設定するかは、実は完全に個人の任意となっているのですが、簡単に言えば、手数料の多い取引から優先して承認されていくのが通常なので、これを無料にすると、実際の送金が行われるまでに日数がかかることが多い、ということだけ認識していただけば、いいと思います。

 

改正資金決済法に定められた登録をおこなった仮想通貨取引所(交換所)においては、最初から最低送金手数料を設定しているところも多いようですが、これは取引所の取り分もあるでしょう。

 

 

BTC の特徴として、ここまでの2つに加えてもう1つ、そのコインの量に最初から上限が 2,100万枚と定められているということが、挙げられます。

 

計算上は2140年ごろに上限に達するようですが、ここが最初からきっちりと定められているので、特定の者が任意に、恣意的に流通量を調整できない、つまり相場の操作、介入をすることができない。
これは、中央銀行などの発行する法定通貨とのかなり大きな違いであると言っていいでしょう。

 

 

以上、非常にざっくりとしたものではありますけれども、2回に分けて、BTC についてよく言われている3つの大きな特徴について書いてみました。
次回以降は、BTC と会計や税法について、ちょっとだけ考えてみたいと思います。

 

  • 経営アドバイザーコーナー
  • 職員ブログ
  • 税務FAQ

アクセスマップ

宮内会計事務所
〒181-0013
東京都三鷹市下連雀3-33-13
三鷹第二ビル 203号室

▲ページ上部