宮内会計事務所

三鷹・吉祥寺・武蔵野・杉並・練馬での会社設立なら宮内会計事務所

メールでのご相談はこちら【24時間受付中】

トピックス

BTCに関する個人的、感覚的な認識 1

掲載日:

Web担当です。
改正資金決済法の施行を受ける形で、LCCのピーチがその決済にビットコイン(以下、BTC)を全面導入するという話を、以前にここに書きました。

 

その際に私は、仮想通貨、特にその資金流入量の約9割近くをも占有している BTC について、その特徴などを書くことは専門家では無いので避けておきたい旨を書いています。
が、それでもいいから説明をしてほしいという声が、私のところにありましたので、現時点で知っている範囲で、簡単に書いてみることにします。

 

ただし、予防線を張るようで申し訳ありませんが、あくまでも金融的なこと、投機関係のことを専門としない門外漢が自分の知識内で書くことに過ぎませんので、今回の記述内容には誤りが含まれる可能性があります。

 

ここを読んで興味を持ったという人は、裏付けを取る、というわけでは無いですけれど、より詳しく丁寧に、かつ正確な解説をしている専門家のサイト等を参照してください。

 

 

まず、BTC というものの持つ大きな特徴としては、先にも書いたように、中央銀行などが発行している通常の通貨ではない存在だというだけではなく、発行などを管理をしている特定の者がもともと存在しない、ということがあります。

 

そもそも2008年にネット上に発表した論文で BTC の基礎概念を提唱し、その開発をした、サトシ・ナカモトという人物の正体も謎であり、本名では無くて偽名であろうと言われていたりします。
この人こそがナカモトだろうと言われた人物や、近年では自分こそがナカモトであると名乗り出た人もいるのですけれども、未だ確定的ではないようです。
BTC の誕生に一番寄与したのは誰かと言われれば、それはこのナカモトなる人物だということになるでしょうが、彼もあくまで提唱者であり初期開発者の1人なだけで、実際の管理に責任を負っているわけではありません。

 

そしてまた、BTC は現実のマテリアルとしての貨幣や紙幣を持たないデータだけの存在なので、実際に手に取って確認できるようなものである、というような裏付けも持っていないことになります。

 

ナカモトの提唱した内容に従って開発され運用が始められることとなった BTC は、言ってみれば、その運用や利用に関わっている多くの人々がネット上で共有している価値観、とでも言うべきものだというのが、私が現時点で感覚的に思っていることになります。

 

その価値観を共有する人の絶対数が増えれば、それだけ BTC に対する価値の裏付けが増え、その所有や利用に対するリスクが軽減する。
BTC とはそういう存在だという私のこの認識が、即ち正解だということでは決して無くて、あくまでも個人的、私的な印象論ですから、ここは、色々と人によって異論があるでしょう。

 

ただし、BTC については、そこに係る人の全員がその価値を信じそれを共有しているからこそ取引が成り立つということは、疑いはないと思えます。

 

その価値認識が、決済手段としての BTC なのか、投資・投機対象としての BTC なのかというのは、まだまだ現在は後者の方がほとんどでしょう。
その意味では、現在の BTC は、「仮想通貨」というよりは、株式やデリバティブ商品に投資をするのと類似のものである、というようにも言えるかもしれません。
ならば BTC は「共有された価値観」というよりは、むしろ「価値のある情報」という資産なのだという解釈も成り立ちますし、実際、そういう説を支持されている方も多くいらっしゃるようです。

 

この、BTC とはそもそもどういうものなのか、という論点は、その課税上の取扱いを考える際にも重要になってくることになります。

 

 

ちょっと文章が長くなってしまったので、その他の BTC の持つ特徴その他の話はまた日を改めて書かせていただくことにして、今回は、ここで終わりとさせていただきます。

 

  • 経営アドバイザーコーナー
  • 職員ブログ
  • 税務FAQ

アクセスマップ

宮内会計事務所
〒181-0013
東京都三鷹市下連雀3-33-13
三鷹第二ビル 203号室

▲ページ上部