宮内会計事務所

三鷹・吉祥寺・武蔵野・杉並・練馬での会社設立なら宮内会計事務所

メールでのご相談はこちら【24時間受付中】

トピックス

調べ出すと、結構面白かったりします

掲載日:

例えば日経新聞にしろTV東京のビジネス系番組にしろ、銀行や信用金庫、証券会社等の、いわゆる金融関係のニュースで非常に多く目にする言葉に、フィンテック(FinTech)というものがあります。

 

要するにこのフィンテックというのは、ファイナンス「Finance」とテクノロジー「Technorogy」とを合わせた造語です。
当事務所でも、株式会社TKCが提供している財務会計ソフト、「FXシリーズ」と「e21まいスター」に関して、以前より FinTechサービスの開始をお知らせしてきました。

 

最下部のリンク先をご覧いただければ説明文が記載されているように、それは、普通預金や当座預金などの銀行口座の入出金明細、クレジットカードの利用明細、電子マネーの支払明細を会計データ(取引の仕訳データ)として変換するソフトです。
が、FinTech とは、本来そういうものだけを意味するのではありません。

 

現在行われている、または行われようとしている FinTech サービスの主だったものはというと、例えば家計管理の自動化であったり、人工知能を使った資産運用だったりというものから、スマホアプリでの小規模な送金・決済や、顧客のデータ分析を駆使した融資ネット仲介や消費者金融といったものまでが、挙げられるようです。

 

例えば、ビットコイン等の仮想通貨にも FinTech は大きく関係しているのですが……
ここについては、仮想通貨での商取引に対する課税をどうするかなど、国家の対応如何では結構大きな問題も生じる可能性があるとも指摘されていますね。
この先どうなるか、なかなか興味深く面白いことになっていると言えます。

 

そういえば、先月9月には、金融庁と日本経済新聞社が主催する形で「FinSum:フィンテック・サミット」なんていうものも開催されていましたね。

 

金融的にも税務的にも非常にホットな話題です。

 

 

 

  • 経営アドバイザーコーナー
  • 職員ブログ
  • 税務FAQ

アクセスマップ

宮内会計事務所
〒181-0013
東京都三鷹市下連雀3-33-13
三鷹第二ビル 203号室

▲ページ上部