宮内会計事務所

三鷹・吉祥寺・武蔵野・杉並・練馬での会社設立なら宮内会計事務所

メールでのご相談はこちら【24時間受付中】

トピックス

複合機と監視カメラ

掲載日:

税理士事務所が1年で一番忙しいのが、毎年2月~3月の確定申告の時期です。
当然、事務所にあるコピー機は大活躍することになります。

 

ところで、事務所等でコピー機を使っていると、そこで複写した書類のデータが全てコピー機内のメモリーにログとして残ってしまう、というような話が以前からあります。
これは実際にはどうなっているのかというと、そういう面もあり、そうでない面もありということで、一概には言いきれないところらしいです。
主電源を切ればメモリはリセットされるので、それでセキュリティー上は安全だ、というのが基本的な話のよう。

 

ただ、これはあくまで他の機器と繋がっていないスタンドアローンで運用されるコピー機の話であって、ネットや社内LANに繋がっている複合機の場合、内部保存されるログ云々という以前に、回線を通じて外部から不正アクセスをされる、という可能性があります。
乗っ取られたり、データや書類を盗み見られたり、通信が盗聴されたり、ということが起きる。
その危険性は2013年11月には指摘されていましたが、最近になってまた声高に言われるになりましたよね。

 

ちょうど、街中や施設内の監視カメラの映像を覗き見できるウェブサイトが話題になったりして、事務機器や監視カメラのセキュリティーがまるでしっかりしていない会社や家庭が、あまりにも多いということが問題提起されていました。
ですので、それに合わせてこの話題も再浮上したということなのでしょう。

 

とりあえずはファイアーウォール機器の設置、そして適切なパスワードの設定(と、随時の変更)が、比較的簡単に取り得る最善の対策だとのこと。
通信、OA関係に関しては、まず基本的にすべきことは、これですよね。

 

具体的な設定方法が分からない場合には、各メーカーに問い合わせてみるのもいいでしょう。

 

 

  • 経営アドバイザーコーナー
  • 職員ブログ
  • 税務FAQ

アクセスマップ

宮内会計事務所
〒181-0013
東京都三鷹市下連雀3-33-13
三鷹第二ビル 203号室

▲ページ上部