宮内会計事務所

三鷹・吉祥寺・武蔵野・杉並・練馬での会社設立なら宮内会計事務所

メールでのご相談はこちら【24時間受付中】

トピックス

着心地は、どうなんでしょう

掲載日:

連日暑い日が続いていますが、いよいよ8月となり夏も本番ど真ん中ですね。
ということで、空調が効いている(時に効きすぎている)ような事務所その他で勤務しているわけでは無い、現場や工場で働いている方々にとっては熱中症に大いに注意の必要な季節がまだまだ続きます。
作業の合間に適宜休憩をとることだったり、水分や塩分の補給をしっかり取ることだったり、経口補水液を用意しておくことだったり、いろいろとやること、準備することはあります。
実際に着用して作業している人に聞いたところ、作業服にバッテリー駆動の換気用ファンを付けた「空調服」も、かなり効果が大きいそうです。

 

で、そんなことを書いていたら、GWの頃に「日経産業新聞」で読んだある記事のことを思い出しました。

 

その記事が取り上げていたのは、大林組などが開発したシステム。
具体的には、作業員が作業服の下に着るシャツにセンサーなどを内蔵して、着用している者の心拍数や動作を常にモニターしたデータを、スマホ経由で管理者クラウドに転送するというもの。
で、管理側は気象データと共にそれをモニターして、熱中症の危険性が高まっているかを把握、休憩や水分補給の指示を的確に出せるようになるというのです。
また、人目につかない物陰などで作業員が倒れてしまった、というような場合にも、システムが個々の動作モニターをしていますから、放置されること無く、すぐにその作業員を発見することができるというわけ。
これは、かなり良いなと思ったので、記憶に強く残っていたのです。

 

ところで、ここで気になってきてしまうのが、センサー内蔵だというそのシャツの着心地がどうなのかですが……
記事などを見た感じでは、そんなにひどく無さそう、かな。
もちろん、本当のところは、その実物を見て、触って、着てみなければ分かりませんけれど。

 

  • 経営アドバイザーコーナー
  • 職員ブログ
  • 税務FAQ

アクセスマップ

宮内会計事務所
〒181-0013
東京都三鷹市下連雀3-33-13
三鷹第二ビル 203号室

▲ページ上部