宮内会計事務所

三鷹・吉祥寺・武蔵野・杉並・練馬での会社設立なら宮内会計事務所

メールでのご相談はこちら【24時間受付中】

トピックス

相続税評価額の算出方法 その2

掲載日:

Web担当です。
相続税における財産評価方法、その第2回となる今回は、おそらく皆さんの興味も大きいだろう、土地や建物の不動産関係について採り上げようと思います。

 

まず財産評価が簡単な建物から。

 

相続税・贈与税の計算上、建物については、以下の算式でその評価額を算出します。

 

「固定資産税評価額×1」

 

「固定資産税評価額」は、大体4月~5月に、物件所在の各自治体から納付書などと共に郵送されてくる、「固定資産税課税明細書」に記載されています。
なお、ここで注意していただきたいのは、同明細書に記載の「固定資産税課税標準額」と混同をしないこと。
後者は、軽減対象部分の計算が加味されている為、財産としての建物そのものの価値を示す「固定資産税評価額」とは異なってくるのです。

 

明細書が見当たらない場合は、役場で固定資産台帳を閲覧するか、「固定資産評価証明書」を取得することで、評価額を知ることはできます。
貸家の場合はこの評価額に一定の調整を加えてその金額を減額させるなど、その他、細かいことを言うと色々とありますが、とりあえず建物については、上記の式が用いられるということを覚えておいてください。

 

 

続いて、土地です。

 

登記上は、土地の使用状況すなわち地目は23種ありますが、相続税・贈与税の財産評価では、これを「宅地」「農地」「山林」「原野」「牧場」「池沼」「鉱泉地」「雑種地」の8種に分類しています。
その上で、それぞれにそれぞれの計算方法を規定、それを使って算出した金額を相続税・贈与税の課税価格として用いることになるわけです。

 

この内、皆さんが一番興味があるのは「宅地」でしょう。
1つ1つを細かく説明して行っても仕方がないですし、今後は、「宅地」についての評価方法を書いて行きたいと思っているのですけれども、今、それを書きだすとかなり長くなってしまいます。
ですので、ちょっと短いのですけれども今回はこの辺りで終わりとさせていただこうと思います。

 

次回「相続税評価額の算出方法 その3」では、「宅地」の評価方法をざっと説明する予定です。

 

  • 経営アドバイザーコーナー
  • 職員ブログ
  • 税務FAQ

アクセスマップ

宮内会計事務所
〒181-0013
東京都三鷹市下連雀3-33-13
三鷹第二ビル 203号室

▲ページ上部