宮内会計事務所

三鷹・吉祥寺・武蔵野・杉並・練馬での会社設立なら宮内会計事務所

メールでのご相談はこちら【24時間受付中】

トピックス

相続税評価額の算出方法 その1

掲載日:

Web担当です。
団塊の世代も次々と引退して行く昨今。
そろそろ自分が亡くなったとした時の相続について考え出している、という人は意外と大勢いらっしゃることと思います。
その場合、気になってくるのはやはり、相続税額がどれくらいになるのか、ですよね。

 

以前にも何回かに分けて書きましたが、相続税額というのは、亡くなった方がどれくらいの財産を所有していたのかと、それを受け継ぐ人が何人いるのか、亡くなった方とどういう関係なのか、といったようなことにより、大きく変わります。

 

そこで今回は、断続的ではありますが何回かで、相続財産の評価がどのように行われるのかを、ごく簡単に説明して行きたいと思います。

 

まず、はっきりとしていてすぐに分かるのは、やはり現金、預貯金等になるでしょうか。
これは、被相続人が亡くなったその日の残高が、即ち、相続税を計算する際の財産評価額になると思っていただいて、まず基本的には間違いがありません。

 

ただ、預貯金については利息というものがあります。
利息の計上日当日に亡くなったのであれば話はシンプルですけれども、現実はそんなに区切りよくは行ってくれないものですよね。
利息というのは、一定の期間に対応して発生してくるものですから。
ですので、亡くなった日がその計算期間の末尾でない限りは、まだ預金に受け入れられていない、未収の既経過利息というものが存在します。
相続税、贈与税の財産評価においては、この既経過利息の事も考慮して、預貯金の評価額に含めなければなりません。

 

この際、使用されるのは約定利率もしくは中途解約利率であり、計算は日割りで行います。
ただし、利息が支払われた際に徴収される源泉所得税に相当する額については、この既経過利息を認識する際にも、これを差し引いた残高を用います。
また、普通預金、通常預金で既経過利息の額が少額である場合には、重要性が少ない為、既経過利息の金額を認識する必要はありません。

 

 

以上、相続税などの資産評価方法についての第1回目、現金・預貯金についてでした。

 

第2回はいつかはまだ分かりませんけれども、できるだけ早くにお送りしたいとは思いますので、それまでお待ちいただければ幸いです。

 

  • 経営アドバイザーコーナー
  • 職員ブログ
  • 税務FAQ

アクセスマップ

宮内会計事務所
〒181-0013
東京都三鷹市下連雀3-33-13
三鷹第二ビル 203号室

▲ページ上部