宮内会計事務所

三鷹・吉祥寺・武蔵野・杉並・練馬での会社設立なら宮内会計事務所

メールでのご相談はこちら【24時間受付中】

トピックス

相続税の2割加算

掲載日:

不幸があって亡くなられた方がいる、というような場合に、その故人の所有していた財産を受け継ぐ人に対して課される税金が、相続税であり、その税率は10%~55%となっています。

 

どの税率が適用されるかは、その財産の価額の総額が幾らになるかということと、法定相続人の数により変わります。
この税率を高いと思うか低いと思うかは人それぞれでしょう。
一応、大前提としては、相続財産を受け継ぐのが通常の場合は故人の家族であるということを踏まえて、遺族の生活が維持できるだけのものが残るように設定するというのが、基本的な相続税率の考え方になっています。

 

しかし、故人の財産を受け取るのは必ずしも生計を一にしていた家族とは限りませんよね。
遺言などによって血縁関係の無い人に対して財産が移転するようなケースではないとしても、例えば故人の弟一家だったり、甥や姪だったり、それぞれに既に自分で生計を立てている人が、故人の財産を引き継ぐ場合だってあるわけです。

 

では、そのような時にも生活の維持を考慮した税額計算を一律に適用するというのは、果たして適正な課税と言える事なのでしょうか。

 

そこで出てくるのが、今回の表題にもなっている、いわゆる「相続税の2割加算」と呼ばれる規定です。
国税庁ホームページから説明文を引用してみましょう。
「相続、遺贈や相続時精算課税に係る贈与によって財産を取得した人が、被相続人の一親等の血族(代襲相続人となった孫(直系卑属)を含みます。)及び配偶者以外の人である場合には、その人の相続税額にその相続税額の2割に相当する金額が加算され」
ると、記されています。
要は、故人の配偶者、両親、子(養子を含む)以外の者が財産を取得したならば、算出税額が2割増しになるのです。

 

なお、この場合の「養子」は、故人の孫や曾孫が養子縁組を受けて故人の「子」となっている場合は含まないとされています(ただし、その孫の親が故人より先に亡くなって、その代襲相続人となっている場合は2割加算の適用対象外となります)。
もちろん、もともとの税額にもよりますけれども、「2割」というのはかなり大きい額ですよね。

 

文章では分かりにくいでしょうから、国税庁HPのタックスアンサー No.4157 「相続税額の2割加算」へのリンクを以下に貼っておくことにします。

 

タックスアンサー No.4157 「相続税額の2割加算」

 

ここに掲載されている図を見ていただけば、規定が示している2割加算の範囲が比較的簡単に理解していただけるのではないでしょうか。

 

これを回避する為に何らかの対策をどうこうするというようなものではないのですけれども、各人の相続税額が計算されるにあたっては、そういう規定もあるのだな、ということだけ、頭のどこかにとどめておいていただければと思います。

 

  • 経営アドバイザーコーナー
  • 職員ブログ
  • 税務FAQ

アクセスマップ

宮内会計事務所
〒181-0013
東京都三鷹市下連雀3-33-13
三鷹第二ビル 203号室

▲ページ上部