宮内会計事務所

三鷹・吉祥寺・武蔵野・杉並・練馬での会社設立なら宮内会計事務所

メールでのご相談はこちら【24時間受付中】

トピックス

源泉税納付書の書き方

掲載日:

Web担当です。

 

いよいよ来月から元号が変わり、新しい令和元年が始まります。
今回の改元を受けて税務では、例えば源泉所得税の納付書について、どのように和暦を書くのかという話が話題になったりしていました。
確かに、年度の部分など、どうするのかがパッとは、分からないですよね。
しかし、この件は、国税庁が既にホームページでどのような取扱い・書き方にするべきかを既に公開しています。
ですので、それをここでも紹介しようと思います。

 

まずは、下の表をごらんください。

 

 

言葉で書くならこういうことになります。
まず、基本的に5月1日以降は「平成31年」ではなくて、「令和1年」という扱いになります。
しかし、「年度」に関してだけは来年3月31日になるまで「平成31年度」になります。
また、納付書に印刷されている「平成」という元号を二重線で消して「令和」に書き換えたりする必要はありません。
そのまま、「平成」「01」年というように書いていただけば大丈夫です。

 

ただ、文章で読んだだけではピンと来ないと思います。
そこで、その辺りが図示されている国税庁作成のリーフレットの画像を貼りました。

 

 

画像をクリックしていただければPDF版のリーフレットが別画面で立ち上がります。
こちらだと具体的な画像で説明されており、かなり分かりやすいのではないかと思います。

 

  • 経営アドバイザーコーナー
  • 職員ブログ
  • 税務FAQ

アクセスマップ

宮内会計事務所
〒181-0013
東京都三鷹市下連雀3-33-13
三鷹第二ビル 203号室

▲ページ上部