宮内会計事務所

三鷹・吉祥寺・武蔵野・杉並・練馬での会社設立なら宮内会計事務所

メールでのご相談はこちら【24時間受付中】

トピックス

未婚の一人親への寡婦(夫)控除

掲載日:

Web担当です。
ニュースによれば、政府・与党が2019年度の税制改正で所得税法の寡婦(夫)控除を未婚の一人親に対しても適用させることで、調整に入ったということらしいです。

 

もともと寡婦控除は、その名前の通りに配偶者と死別したか配偶者の生死が不明であるか、離婚後再婚をしていないような納税者で、かつ、扶養親族か生計を一にする子がいる人や合計所得金額500万円以下の人に適用されます。
そして寡夫控除は、配偶者と死別したか生死が不明で、離婚後再婚をしていないような納税者で、合計所得金額が500万円以下であり生計を一にする子がいる人に適用されます。
所得税法はそのような寡婦(夫)に対し、生活を補助する意味で、所得の金額から一定金額の控除を規定しているのですが……
この改正案が現実化すれば、その範囲が結婚をしていないシングルマザーやシングルファーザーにまで広がるのであり、それは素直にいいことだと思えます。

 

ちなみに、ネットで検索してみたところ、2014年1月16日付で日本弁護士連合会が、この点の改正を求める意見書を出しているのが見つかりました。
それに立法側が応じた結果になるのでしょうか。
ただ、ここで気になるのは上記の意見書も、そして今回読んだニュースにおいても、「寡婦」と「寡夫」の間にある格差については一切言及をしていないというところです。
参考として、国税庁ホームページにおける両控除の説明のURLを以下に貼っておきます。

 

タックスアンサー No.1170 寡婦控除

 

タックスアンサー No.1172 寡夫控除

 

雇用格差、給与格差も未だに厳然として残っているのも確かであることを考えれば、この取扱いの差も分からないではありません。
とはいえ、働き方改革や男女共同参画を謳っているならば、本来、こういうところもきっちり改正していかなければいけないのではないかと個人的には思います。
親子・家族の在り方、社会の在り方も、昔とすっかり変わっているわけですしね。

 

  • 経営アドバイザーコーナー
  • 職員ブログ
  • 税務FAQ

アクセスマップ

宮内会計事務所
〒181-0013
東京都三鷹市下連雀3-33-13
三鷹第二ビル 203号室

▲ページ上部