宮内会計事務所

三鷹・吉祥寺・武蔵野・杉並・練馬での会社設立なら宮内会計事務所

メールでのご相談はこちら【24時間受付中】

トピックス

時代の流れですね

掲載日:

Web担当です。
銀行で口座を開設した時にはまっさらな通帳を受取る。
そのように、口座開設と通帳の取得というのは1つのセットとなるものであるということが、すこし前までは当たり前のこととなっていました。
中には、例えばディズニー等と提携をしたキャラクター通帳が選べるようにして、そのファン層を呼び込むことを狙うといったことをやってきた銀行などもあったりしました。

 

しかし、楽天銀行その他のネットバンクでは、口座を開設しても通帳は作成されません。
その代わりにインターネット経由でサーバー上の預金情報を、確認するというのがスタンダードですよね。
それを受けて、ネットバンクではない従来の銀行でも、今までは通帳を作っていたような口座について、通帳の無いスタイルを選ぶことができるようなことも出てきたりしています。

 

そんななか、三菱UFJ銀行が、新規開設口座に関しては通帳を発行しないのを来月10日から原則的な取り扱いとすることを発表したというニュースが流れていました。
確かに、私も銀行口座からの振込や残高確認はネットバンキングで済ませてしまうことが主で、通帳の記帳はほとんどやらなくなっています。

 

そういう風潮を背景に考えるのであれば、通帳は希望者以外には発行しないというのも、その作成費用や発行時にかかる印紙税等の経費を削減することができることもあって、銀行側としては推進して行きたいことでしょう。
三菱UFJ銀行はそういった傾向の中で、一歩踏み込んだ制度を導入したことになります。

 

キャッシュレス決済の推進も叫ばれています。
時代に合わせて色々と変わろうとするのは理解できることではありますけれども、全てがデータになることがいいことなのかの是非は、問われ続ける必要がある気もします。
ひとまず、他の銀行がこれに追随するかどうか、興味深く様子を窺わせていただこうと思います。

 

  • 経営アドバイザーコーナー
  • 職員ブログ
  • 税務FAQ

アクセスマップ

宮内会計事務所
〒181-0013
東京都三鷹市下連雀3-33-13
三鷹第二ビル 203号室

▲ページ上部