宮内会計事務所

三鷹・吉祥寺・武蔵野・杉並・練馬での会社設立なら宮内会計事務所

メールでのご相談はこちら【24時間受付中】

トピックス

延納・物納・連帯納付

掲載日:

相続税につき、前回は、その税額がどのように計算されるのかを(言葉だけなので少々分かりにくかったかも
しれませんけれど)説明させていただきました。
今回は、その続きとして、申告には付き物である納税義務者の行為、税金の納付についてざっと書いてみようと思います。

 

まず基本的な話として、相続税にしろ贈与税にしろ、その税額については、申告書の提出期限まで、あるいは納付すべき日に、金銭で一括納付するというのが納付の大前提となっています。
しかし相続財産や贈与財産には、不動産や経営権を引き継いだ事業資産などの、納税資金のために換金するのに時間がかかる、または家業を継続する為に必要なものがありますよね。
手持ちの現金が無い場合に、これをどうにかして現金化させて納付しなければいけないとするのは、現実味も薄く、また酷な話でもあります。

 

そこで、金銭一時納付が困難であると認められる納税者に対しては、一定の条件の下で、相続税法では2種類の特例を規定しています。

 

 

それが、「延納」であり、「物納」です。

 

内容的には名前の通りの物ではあるのですが、それぞれ簡単に説明しておくとしましょう。

 

 

相続税と贈与税の両方に適用がある「延納」は、金銭により一時に納付することが困難であると認められる税額について、一定の年額による分割払いするという制度で、その年数および各回の納付額については算出方法が厳密に規定されています。
なお、納税義務者の申請を受けて税務署長が延納の許可をする場合には、一定の場合を除き、その延納税額に相当する担保を納税義務者から徴することとされています。

 

 

もう1つの「物納」は相続税にのみ適用がある手続きで、「延納」によっても金銭一時納付が困難である場合に、「延納」同様に納税義務者が申請をすることで、金銭に代わって相続税の課税財産(一定のものは除く)を税務署に納めるというものになります。
とはいえ、何でもかんでも物納に回すことができるわけではありません。
その種類と優先順位については法律の中ではっきりと規定されている、ということも覚えておいてください。

 

 

また、「延納」や「物納」とはちょっと異なる話ですが、同一の被相続人から財産を取得した者に関しては、例えばその内の1人が納税を行わないという場合に、その取得した財産の額を限度として、その者の代わりにその者の税額を納めなければいけない「連帯納税制度」というものも存在しています。
本来であれば当然納められるべきである相続税や贈与税が納められないということに対しては、税務署によりかなり厳しい対応が行われます。
親族関係に迷惑をかけない為にも、金銭でそれを期限に納付することが難しければ、状況に応じて「延納」や「物納」制度の活用を検討してみなければいけないと思います。

 

  • 経営アドバイザーコーナー
  • 職員ブログ
  • 税務FAQ

アクセスマップ

宮内会計事務所
〒181-0013
東京都三鷹市下連雀3-33-13
三鷹第二ビル 203号室

▲ページ上部