宮内会計事務所

三鷹・吉祥寺・武蔵野・杉並・練馬での会社設立なら宮内会計事務所

メールでのご相談はこちら【24時間受付中】

トピックス

収入印紙の貼り忘れにご注意を!

掲載日:

三が日も終わりましたから、こちらをお読みの皆様もそろそろ仕事始めでしょうか。
それはつまり確定申告の季節も、近付いてきたということです。
この時期になると、納税者の申告意識を高める為というと聞こえがいいですが、要は脱税をしないよう脅す意味も込めて、税務調査による摘発のニュースが幾つかリリースされるというのが、毎年のパターンです。

 

もちろん、架空の経費計上や売上隠しなどによる脱税行為が論外であるのは言うまでも無いことです。
その一方で、適法な会計処理や申告を行っていると思っていても、ひょんなところにうっかりとした見落としがあったりして結果的にかなりの追徴税額を納付することになる、というケースもそんなに珍しいことではありません。

 

その典型の1つが、収入印紙の貼付漏れ。

 

印紙税法の規定により、一定額以上の領収証や契約書等には、それぞれ定められた額の収入印紙を貼付した上で、流用ができないように割り印などを押さなければなりません。
作成した文書が印紙税の課税対象になるかどうかは、その内容により判定されることになります。
ちなみに印紙税法に定められた定義は以下の通り。

 


1. 印紙税法別表第一(課税物件表)に掲げられている20種類の文書により証明されるべき事項(課税事項)が記載されていること
2. 当事者の間において課税時効を証明する目的で作成された文書であること
3. 印紙税法第5条(非課税文書)の規程により印紙税を課税しないこととされている非課税文書でないこと


作成したものが課税文書なのか非課税文書なのか。
前者だとしたら具体的に幾らの印紙を貼付するのか。
そういったことが分からないという場合には税務署や、当事務所の関与先様であれば各監査担当などに問い合わせていただくという方法があります。

 

念の為、国税庁の公表している一覧表へのリンクを、貼っておくことにいたします。

 

「印紙税額一覧表」

 

これを見ただけでは良く分からない、という人も多いのではないかとは思います。
それでも、ひとまずは参考までに、ということで。

 

  • 経営アドバイザーコーナー
  • 職員ブログ
  • 税務FAQ

アクセスマップ

宮内会計事務所
〒181-0013
東京都三鷹市下連雀3-33-13
三鷹第二ビル 203号室

▲ページ上部