宮内会計事務所

三鷹・吉祥寺・武蔵野・杉並・練馬での会社設立なら宮内会計事務所

メールでのご相談はこちら【24時間受付中】

トピックス

再転相続に係る相続放棄

掲載日:

Web担当です。
かなり前に、ここで「相続の放棄」という手続きについて簡単に説明をさせていただきました。

 

あまり覚えていないという方もいらっしゃるでしょうが、ごくシンプルに説明させていただくと、死亡した方のプラスの財産よりもマイナスの財産(借金等の債務・負債)が大きいような場合に、相続人が、家庭裁判所に申告して相続を受ける権利を放棄するという手続きです。。
つまり、プラスの財産もマイナスの財産も引き継ぎません、という宣言を行うのです。

 

この時にポイントになるのは、相続放棄ができるのが「相続開始を知った日から3ヶ月以内」だという規定になっているということです。

 

そして、この「知った日」をどう考えるのかが、裁判などで問題になることがあります。

 

この点について、先日も面白い最高裁判所の判決が出ていました。
その事件で争点となっていたのが、被相続人Aが残した借金を相続放棄するか否か相続人Bが熟慮中であった期間にそのBまでが亡くなった場合に、Bの財産の相続人であるCがBの相続放棄をする権利も引き継ぐケースにつき、「相続開始を知った日」をどう考えるのかです。

 

Aが祖父、Bが父、Cが子(Aにとっては孫)という事例だとすればイメージしやすいでしょうか。

 

このような事例を、「再転相続」と呼びます。

 

今回の事例で債権者側は、3ヶ月の起算日となる「知った日」とは、Aに関する相続を知った日と主張しました。
それに対し、Cの側は、Aが亡くなった当初はAの借金のことを知らず、Bが亡くなった段階で初めて知ったのだから、そこから起算するべきだと主張していました。

 

これについて最高裁は、Cが債務の相続人であることを知った日から3ヶ月以内に放棄が行わればいいとして、Cの主張を認める判決を出したのです。

 

最高裁判所の判決ということは、これはすなわち司法による法律の条文解釈が示されたことで、以後はここで判示された取扱いが再転相続における相続放棄に関する定説になります。

 

今回、納税者有利の結論が出されたわけですけれども、しかしまあ、この件に関して言うのであれば、常識的に考えていけばさすがに債権者が主張していることはCにとっては酷に過ぎますよね。
ですので、まず妥当なところで判決が示されたと思います。

 

  • 経営アドバイザーコーナー
  • 職員ブログ
  • 税務FAQ

アクセスマップ

宮内会計事務所
〒181-0013
東京都三鷹市下連雀3-33-13
三鷹第二ビル 203号室

▲ページ上部