宮内会計事務所

三鷹・吉祥寺・武蔵野・杉並・練馬での会社設立なら宮内会計事務所

メールでのご相談はこちら【24時間受付中】

トピックス

ビットコインの分裂/分岐

掲載日:

Web担当です。
以前から噂されていた8月1日の「ビットコインの分裂」。
人によっては「分裂」ではなくて、もう少しニュアンスとしては穏やかな「分岐」という表記も使っていますね。
これは要するに、ビットコインというのがネット上で分散されている「元帳」であるとされる、その「元帳」が記入の途中で2つ以上に分かれてしまう、そういうことなのだと考えていただけばいいかと思います。

 

ビットコインが使っているブロックチェーン技術というのは、基本、運営ルールの変更などで複数の「元帳」ができてしまったとしても、結局それぞれは統合されて、残るのは1つの「元帳」だけになるというものでした。

 

しかし、8月1日に発生が予想されているのは、ビットコインが発明されて以来初めてと言われる運用ルールの大規模な分岐なのだとされています。
それ故に、今回別れた「元帳」は統合されること無く、それぞれに分岐されたまま、別々の独立された「元帳」として管理が進んでいくということになるだろうとされているのですけれど……
それぞれのルールを支持する層の対立を調停する中央管理者がそもそも存在しない、というビットコインの大きな特徴の1つが裏目に出た部分も、あるのかもしれません。

 

この辺りの経緯は、少し専門的な内容ですが、「bitcoin news(ビットコインニュース)」のコラムでかなり丁寧に書かれていました。
興味があるという方の為に、以下にURLを貼っておきます。

 

「「ビットコイン分裂」の真相と深層」 山﨑大輔

 

 

また、国内の仮想通貨交換業者の団体である日本仮想通貨事業者協会(JCBA)は、この動きを受けて、対策を練っていました。
が、結局、各仮想通貨取引所がその時期において営業を続けた場合に起こり得る混乱を回避すべく、8月1日午前0時より、ビットコインに関する受け入れ及び引出に関連する取引を全面的に停止とすることを7月18日に発表しています。

 


 8月1日に予期されるビットコイン分岐危機に向けた対応について

 

ここで停止されるのは、あくまでビットコインに関係するサービスの受付だけであって、それ以外の仮想通貨などのサービスは通常通りに営業されているとのこと。

 

また、この取引受付の停止がいつまで続くかは明確にされていません。
仮に混乱が収まり取引が再開された時に、保有していたビットコインのデータが無事に新しい「元帳」に引き継がれていた場合には、その引出の依頼には可能な限り応じる予定だとアナウンスされています。
が、一方で、コインの売買を継続しない可能性も残されることには、留意してほしいともされています。

 

損を承知で、いま現在保有しているビットコインを円などの法定通貨、もしくは他の仮想通貨に換えるか。
それともリスクを承知でそのまま保持し続けるか。
そこの判断は自己責任ということになりますが、難しい判断を迫られることになっていますね。

 

ただ、私は個人的には、仮想通貨事業者協会の「顧客資産を可能な限り保護するために」今回の措置を採ることを選んだという姿勢には、全面的に賛成であり、支持したいと思っています。

 

  • 経営アドバイザーコーナー
  • 職員ブログ
  • 税務FAQ

アクセスマップ

宮内会計事務所
〒181-0013
東京都三鷹市下連雀3-33-13
三鷹第二ビル 203号室

▲ページ上部