宮内会計事務所

三鷹・吉祥寺・武蔵野・杉並・練馬での会社設立なら宮内会計事務所

メールでのご相談はこちら【24時間受付中】

管理者の近況報告

鳩森八幡神社の富士塚

掲載日:

昨年の6月に富士山が世界遺産に登録されましたが、あくまでもその登録は「世界自然遺産」ではなくて「世界文化遺産」としてのものであり、正式名称も、「富士山―信仰の対象と芸術の源泉」となっています。

 

山岳信仰、富士山信仰の対象としての富士山。
浮世絵その他、絵画などの題材として、多くの名作を生んだ富士山。
そういったものが世界遺産として認定されたので、位置的にはやや離れた場所にある「三保の松原」も、指定対象に含まれたんですよね。

 

そんな富士山信仰が、明確な形として現れているものの1つが、富士塚です。

 

実家からちょっと歩いたところには富士塚があって、小さい頃から遊び場の1つにもなっていましたし、通っていた高校の近くにも別の富士塚がありました。
なので、個人的に富士塚には親近感を覚えるというか、かなり身近なものだという認識を持っています。
それもあって、世界文化遺産指定に際して「信仰の対象」という言葉が入ったのには、なる程ね、と大きく頷いたのを覚えています。

 

霊峰富士の形を模して、富士の溶岩や土を盛って山体を造営し、その頂上に浅間神社を祀る。
富士塚の定義としてはそんな感じになるのでしょうが、文字だけではイメージしづらいかもしれませんよね。
そこで、今回、こういう内容のエントリを書こうと思った、そのきっかえとなった、富士塚の写真を下に貼り付けてみました。

 

私が担当させていただいている某顧問先に月次監査の為に訪問する時の最寄駅、中央・総武線各駅停車の千駄ヶ谷駅から先方まで歩く途中にある、鳩森八幡で撮影したものです。
ここには、現存する中では都内最古と言われる富士塚があり、数年前に初めてその横を通った時から、勝手に親近感を抱いていたのです。

 

鳩森八幡と言えば将棋会館のすぐ隣であり、境内には棋力向上を祈り、将棋連盟から奉納された欅製の大駒が納められている六角形の将棋堂があること等で知られますが、私は将棋をやっているわけではないので、棋力向上には特に興味がありません。
やはり、私にとっての鳩森八幡は、「富士塚」のある神社、です。

 

千駄ヶ谷 鳩森八幡 富士塚

 

富士塚の案内図

 

  • 経営アドバイザーコーナー
  • 職員ブログ
  • 税務FAQ

アクセスマップ

宮内会計事務所
〒181-0013
東京都三鷹市下連雀3-33-13
三鷹第二ビル 203号室

▲ページ上部