宮内会計事務所

三鷹・吉祥寺・武蔵野・杉並・練馬での会社設立なら宮内会計事務所

メールでのご相談はこちら【24時間受付中】

管理者の近況報告

靴の減り方

掲載日:

先日、アパートから事務所へと出勤する為にJR中央線の最寄駅まで歩いていた時に、ふと、私の前を歩いていた人の革靴に目が留まりました。

 

毎日歩き回っている営業職なのでしょうか。
両足のかかとの内側部分の靴底だけが完全に擦り減ってしまっていて、底の部分がまるで残っていない状態でした。
そこまで使い切られると靴も嬉しかろうなと、そんな風に思う一方で、その減り具合に、彼の健康状態が心配にもなりました。

 

革靴の靴底の減り方にはその人の歩き方が反映され、歩き方にはその人の健康状態や体調が反映される。
かかとから着地して外側沿いに体重を移動して親指に力を入れて大地を蹴って前に進むという、理想的とされる歩き方ができている場合には、かかとの外側と親指あたりの靴底が擦り減ってくるものなのだそうです。
つまり、彼の靴の減り方からは、適切な歩き方をしていない、ということが分かります。
それが、何かの病気のせいだったりしなければ、いいのですけれど。

 

さて、では自分の履いている革靴はどうだったのか。

 

あいにく、つい先日に新しい靴をおろしたばかりで、古いものはその場で捨ててしまっており、今すぐに実物を確認することはできませんでした。
今後は、ちょっと、靴底の減り具合についても気をつけて観察することにしてみましょう。

 

革靴

 

  • 経営アドバイザーコーナー
  • 職員ブログ
  • 税務FAQ

アクセスマップ

宮内会計事務所
〒181-0013
東京都三鷹市下連雀3-33-13
三鷹第二ビル 203号室

▲ページ上部