宮内会計事務所

三鷹・吉祥寺・武蔵野・杉並・練馬での会社設立なら宮内会計事務所

メールでのご相談はこちら【24時間受付中】

管理者の近況報告

自転車専用レーン

掲載日:

自転車に関わる事故件数が増えていることを受け、警視庁が車道の幅にある程度の余裕がある駅周辺などの幹線道路について、順次、車道の左端0.5メートル幅を青色に塗装し、自転車専用通行帯としていく方針を掲げたのは、かれこれ3年半近くも前のことです。

 

それからどれくらいその整備が進んでいるのか、吉祥寺辺りでは実際に青く塗られた道路を見かける機会もなかなか少なくて、警視庁の本気度がどれくらいなのか今一つ分からないようにも感じています。

 

しかし、一応、作業は今もなお進行中のようで、下の写真は先日お客様を訪問する際に目にした、台東区の吉野通りにあった自転車専用レーン。
どうやら、この3月に設置されたようです。

 

これくらいはっきり色が違っていれば、これが自転車の為のレーンであることが一目瞭然です。
ただ、これ、夜間だと一般車線との区別があまりはっきりとしないような気がしないでもないのですが……

 

まあ、その辺りは、街灯の明かりとか、点灯させているライトや反射板その他によって、そこに自転車が走っていることをしっかりと主張するしかない、か。

 

こうして専用レーンが次々とできていくことで、自動車と自転車、人と自転車の事故が少しでも減ってくれといいのだけれどと思います。
しかし、写真の下半分に写っているように、現実にはしばしばこの自転車専用レーンに路上駐車の車両が置かれていたりもして、それはそれで事故の大きな原因になってしまいそう。
道路を走る前方にこんな風に車が停まっていたら、それに衝突せずに回避する為にはどうしたって右に膨らんで避けるしかないですからね。

 

当然、路肩駐車の禁止区間に指定はされていますが、その違反をどこまで警察が取り締まれるかが、大きなポイントになりそうだなと思っています。

 

 

  • 経営アドバイザーコーナー
  • 職員ブログ
  • 税務FAQ

アクセスマップ

宮内会計事務所
〒181-0013
東京都三鷹市下連雀3-33-13
三鷹第二ビル 203号室

▲ページ上部