宮内会計事務所

三鷹・吉祥寺・武蔵野・杉並・練馬での会社設立なら宮内会計事務所

メールでのご相談はこちら【24時間受付中】

管理者の近況報告

安全運転を心がけましょう

掲載日:

関東も6月8日に梅雨入りが宣言されました。
毎年のことですが、この時期はどうしても鬱陶しい気持ちになることが避けられません。
まぁ、それは自分ではどうしようもないので、アレコレ考えていても仕方が無いこと。
なので、これはもう、そういうものだとして受け入れるしかないことでしょう。

 

さて、ニュース等でも散々取り上げられていましたが、この6月は道交法の自転車に対する適用が厳格化され、今まではちょっとした注意で済んでいたようなことでもきっちりと取り締まられるようになりました。
そこにきての梅雨入りでこれはどうかなと思っていたら、雨の朝、アパートから駅に向かう通勤路において、サラリーマンや学生が片手で傘をさしつつ、けっこうな速さで自転車に乗っていたのには、さすがに呆れてしまわざるを得ませんでした。
現状で広報が足りていないとは思いにくいので、要するに皆さん、今回の改正を甘く見ているのでしょうか。

 

千葉では10日、77歳のご婦人が自転車に当てられ、点灯した際に頭を強く打って死亡してしまうという事故がありました。
これは、自転車を運転していた19歳の少年がイヤホンをして、かつ下を見ながら走っていたというので、事例としては言い訳の余地も全くないのですが……まさか、スマホでも見ていたりしたのでしょうか。
そのような「ながら運転」は論外だとしても、街歩きや、車の運転時には、自転車に関しては信号無視もしょっちゅう見ますし、見通しの悪い交差点での飛び出しも多いですよね。

 

結果キュウクツになったとも言うことはできますが、道交法による規制強化というこの流れは、自転車乗りにとっても、それ以外の人にとっても、自身と他人の命と安全を守るという意味で、大いに意味があることだと思います。
雨天に自転車の傘さし片手運転をしているような人は、そういう天気の時は自転車に乗らないことにするか、さもなくば今すぐに雨合羽を購入するべきです。

 

私も、時間をどこかで作って自転車用と登山用、2つの雨合羽を買いに行こうと思っています。

 

 

  • 経営アドバイザーコーナー
  • 職員ブログ
  • 税務FAQ

アクセスマップ

宮内会計事務所
〒181-0013
東京都三鷹市下連雀3-33-13
三鷹第二ビル 203号室

▲ページ上部