宮内会計事務所

三鷹・吉祥寺・武蔵野・杉並・練馬での会社設立なら宮内会計事務所

メールでのご相談はこちら【24時間受付中】

管理者の近況報告

ふと立ち寄ってみたら

掲載日:

だいぶ前の話になるので恐縮ですが、所要があっての外出の通りすがりに、そういえばこの近くにあるんだったよなと、ふと思い立って池上本門寺に寄ってみたことがあります。
日蓮聖人の入滅の霊場として日蓮宗の大本山になっており、境内の最奥には日蓮の御霊所があるということは知っていましたし、大きなお寺ですから一度お詣りしてみたいという興味も、もともと以前からあったのです。

 

東急池上線の池上駅から10分くらい歩くと、大田区指定有形文化財の総門と、そこからまっすぐ伸びる96段の階段、加藤清正が寄進したと言われる「此経難持坂」が現れます。
もっと平地の寺を想像していたのですが、実物は小高い丘の上にあるんですね。
境内も広くて、期待通りの立派なお寺です。

 

池上本門寺

 

ちなみに、700年以上の長い歴史を誇るこの本門寺、戦時中に空襲で焼けてしまったものも多いのですが、五重塔など、焼失をまぬかれた貴重な古建築物も境内には残されています。
で、その五重塔を間近で観ようとそちらに近付いてみたところ、そこには「力道山の墓はこちら」との矢印が。
事前には全然知らなかったのですが、ここ、力道山が埋葬されているのですね。

 

ならば一目拝んでおこうと矢印に従うと、塔から左奥の方に結構入ったところに、石碑とブロンズ像に挟まれる形で、確かにそこにありました、力道山の墓。
下の写真がそれなのですが、これは、間違えようが無いですね。

 

他にも、幸田露伴や市川雷蔵などの墓もこの池上本門寺にあるらしいのですが、残念ながら、それには気づきませんでした。
先日たまたま再び東急池上線に乗ることがあり、そういえば、と思い出したので、今さらながらにここにこの話題を採り上げてみた次第です。

 

池上本門寺 力道山の墓所

 

  • 経営アドバイザーコーナー
  • 職員ブログ
  • 税務FAQ

アクセスマップ

宮内会計事務所
〒181-0013
東京都三鷹市下連雀3-33-13
三鷹第二ビル 203号室

▲ページ上部