宮内会計事務所

三鷹・吉祥寺・武蔵野・杉並・練馬での会社設立なら宮内会計事務所

メールでのご相談はこちら【24時間受付中】

管理者の近況報告

すもも祭 と からす団扇・扇子

掲載日:

府中にある武蔵野国総社の大國魂神社では、毎年7月20日に、源頼義と義家父子が奥羽征伐の際に行った戦勝祈願を起源とするという、「すもも祭」が開かれることとなっています。
その名前通り、この日に大國魂神社に行くと、参道の両側にずらりと並ぶ露店にはすもも を扱っているものが非常に多く見られます。
どれも美味しそうとはいえ、1人暮らしだと袋で買っても始末に困るのが、ちょっと問題です。

 

ところで、実は大國魂神社には1年で1回、この「すもも祭」の日だけの限定で頒布されているものがあります。
それが、五穀豊穣と悪疫防除、厄除の振興を持つ「からす団扇」と「からす扇子」。

 

これで扇ぐと農作物の害虫は駆除され、病人は平癒し、玄関先に飾ると魔を祓い、その家に幸福が訪れる、というものです。
私も、(宮内会計事務所への転職を機に)地元から今のアパートに越してきた年の「すもも祭」で、「からす団扇」を購入して以来、ずっと玄関の靴箱のところに飾っています。

 

今年は、下の姉が新たな職業に就いて実家から転居をすることになったので、そんな彼女にあげる からす扇子 を買うというのが、「すもも祭」に行った第一の目的。
そして第二の目的として、何気にその話に興味を示した両親を案内して一緒に昼食を採るのが、というものがありました。

 

税理士試験の受験直前の身なので、そうそうゆっくりもできないのですけれども、関東地方の梅雨明けも宣言された強い陽射しと暑さの中で、汗をかきながらのお詣りは、ちょっとしたリフレッシュとなりました。
両親も、どうやら喜んでくれたようです。

 

 

  • 経営アドバイザーコーナー
  • 職員ブログ
  • 税務FAQ

アクセスマップ

宮内会計事務所
〒181-0013
東京都三鷹市下連雀3-33-13
三鷹第二ビル 203号室

▲ページ上部